脱毛に痛みはつきものなの?


ミュゼプラチナム
ミュゼ☆最初から最後まで100円ポッキリ!
 

私は初めて脱毛したのが、ミュゼでした。脱毛はしたいけど、痛いのが苦手なので、最初はとても不安でした。でも、ミュゼの脱毛方法は痛くありませんでした。

ミュゼでは、肌に優しいS.S.C.方式という美容脱毛を採用しています。S.S.C.はスムース・スキン・コントロール方式の略なんですが、光に反応するジェルを肌に浸透させて、ジェルと光照射の相乗効果によって抑毛する仕組みです。

この方式だと痛みが少なく個人差はありますが、少しチクッとする程度の痛みしかありません。1秒間に、200本と広範囲にお手入れができるのも魅力です。

施術中は、スタッフの方が光を照射しながら「痛くないですか?」と、声を掛けながら丁寧にお手入れしてくれるので、安心して施術を受けることができました。

それに、安定した光とジェルに配合されている成分によって肌を優しくスピーディーにお手入れすることができるんです。

でも、光ってなんだか怖いというか、体に害を及ぼすんじゃないかと心配になりますよね。照射する光は、可視光線と呼ばれている光です。紫外線と違って目に悪影響を及ぼす強い光ではありませんが、青・藍・紫の光が特に網膜に障害を与えます。
ミュゼで照射する時の可視光線はブルー系の光ではないですし、施術中は光を直接目に浴びない様に、目を保護するためのメガネとタオルを使用するので、大丈夫です。

因みに、クリニックなどで採用されているニードル式は、毛穴に電子針を通して、毛根を破壊する脱毛方法です。この方法は、永久脱毛なので、お手入れをした箇所は永久にツルツルになるというメリットがあります。

ですが、1本ずつ丁寧に処理をしていくため、時間が掛かるのと、かなり強い痛みを伴います。それから、レーザー脱毛は、レーザーを肌の表面に当てて、毛と毛根を処理する方法です。この脱毛方法は、ニードル式ほどではありませんが、弾かれるような痛みがあります。

ミュゼでは、ミュゼエクスプレスというサービスが始まりました。
これは、ミュゼが独自開発した最新高速マシンを使った脱毛方法です。最新のマシンは、従来のマシンよりも5倍も早くお手入れをすることができるんです。そのため、お手入れ時間が、短縮されて肌にかかる負担を軽減することができるんです。

それに、施術で使用するジェルって冷たくて冬場などはヒヤッとして嫌だったんですが、最近はひんやり感の少ない美肌効果のあるジェルに改善されたんです。

ミュゼは、永久脱毛ではありませんが、ニードル脱毛のような痛みや肌トラブルの心配がありません。特にVラインなどのデリケートゾーンの脱毛は、痛みの少ないS.S.C.方式の方が安心してお手入れを受けることができますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ